口腔外科医 歯科医 違い/病院の一般のどちらの症状の内容

病院の歯科や口腔外科は一般歯科との違い

一般歯科と口腔外科はどう違うの?

病院の歯科や口腔外科は、一般歯科と比べて、以下の点に違いがあります。

  • 設備や技術が充実している
  • 専門性の高い医師や歯科医師が常駐している
  • 緊急時の対応が万全である

病院の歯科や口腔外科は、一般歯科よりも設備や技術が充実しており、専門性の高い医師や歯科医師が常駐しています。そのため、難易度の高い治療や、緊急時の対応にも対応することができます。

具体的な違いとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 設備
    • CTやMRIなどの検査設備
    • インプラントなどの高度な治療に必要な設備
  • 技術
    • インプラントや審美歯科などの高度な治療技術
  • 医師や歯科医師
    • 専門医や指導医などの資格を有する医師や歯科医師
    • 口腔外科や矯正歯科などの専門分野に精通した医師や歯科医師

病院の歯科や口腔外科は、以下の場合に利用するのがおすすめです。

  • 難易度の高い治療が必要な場合
    • 親知らずの抜歯
    • インプラント
    • 審美歯科
  • 緊急時の対応が必要な場合
    • 歯の破折や脱臼
    • 歯周病の急性発作
    • 口腔がんの疑い

口腔外科で扱う病気

口腔外科は、歯や歯茎、口腔内の粘膜、顎、顔面などの病気を専門的に扱う診療科です。口腔外科で扱う病気は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 歯の病気
    • 虫歯
    • 歯周病
    • 歯の欠損
    • 親知らずの抜歯
    • インプラント
  • 口腔の病気
    • 口腔カンジダ症
    • 口腔乾燥症
    • 口内炎
    • 口腔がん
  • 顎顔面の病気
    • 顎関節症
    • 顎変形症
    • 口蓋裂
    • 顔面骨骨折

歯の病気

歯の病気は、口腔外科で最も多く扱われる病気です。虫歯や歯周病は、歯の健康を脅かす最も一般的な病気です。また、親知らずの抜歯やインプラントなどの歯の欠損を補う治療も、口腔外科で受けることができます。

口腔の病気

口腔の病気は、口腔内や口腔周囲の粘膜に生じる病気です。口腔カンジダ症や口腔乾燥症は、比較的よく見られる病気です。また、口内炎は、誰でも一度は経験することがある病気です。口腔がんは、早期発見・早期治療が重要となる病気です。

顎顔面の病気

顎顔面の病気は、顎や顔面の骨や筋肉、神経、血管などに生じる病気です。顎関節症は、顎関節の周囲の筋肉や靭帯の痛みや機能障害を伴う病気です。顎変形症は、顎の骨格や位置の異常を伴う病気です。口蓋裂は、口蓋の一部が欠損している先天性の病気です。顔面骨骨折は、交通事故やスポーツ中の事故などで顎や顔面の骨が折れる病気です。

口腔外科を受診する際は、以下のような症状がある場合は、早めに受診することをおすすめします。

  • 歯の痛み
  • 歯茎の腫れや出血
  • 口内炎
  • 口腔内にできもの
  • 顔面の痛みや腫れ

また、以下の症状がある場合は、口腔がんの可能性がありますので、早急に受診するようにしてください。

  • 口腔内に赤い斑点や白い斑点
  • 口腔内の潰瘍が2週間以上治らない
  • 口腔内に出血しやすい
  • 口腔内に違和感がある
タイトルとURLをコピーしました