一卵性と二卵性の違い/やすいのいつ、人、二卵性双生児、双子

医療QA

一卵性と二卵性の違い/双子

一卵性と二卵性の違い

一卵性と二卵性の違い

一卵性と二卵性の双子は、受精卵の数によって異なります。
一卵性の場合、1つの受精卵が分割した後、それぞれ1人の人間となります。
兄弟はほぼ100%同じ遺伝子を持ち、性別・血液型も同じです。
一方で、二卵性では、2つの別々の受精卵が同時に子宮の中で発育したものになります。
遺伝子は約50%同じで、性別や血液型や身長など多くの特性が異なる場合が多いです。
また、一卵性双生児は偶然起こるもので、人種の違いや妊娠年齢などによる発生に差異がありますが、二卵性双生児は妊娠期間中の排卵の回数の少ない側が多い傾向にあります。

一卵性の特徴

一卵性の多胎児は、1つの受精卵から分裂して発育したものであり、遺伝子情報もほとんど一緒です。
そのため、性別や血液型も同じで、ミラーツインズ(鏡像双子)とよばれることもあります。
受精卵の分裂時期によって、形態や身長など特徴的な違いが出ることがありますが、受精卵がほぼ100%同じ遺伝子で構成されるため、性格など多くの違いはない傾向にあります。
一卵性多胎の確立は1%ほどであり、二卵性多胎は10-15%前後なので、双子を突然妊娠することは希です。

二卵性の特徴

二卵性双胎とは、2つの卵に別の精子が同時に受精して2つの受精卵が育つことを指します。
そのため、兄弟関係であっても、遺伝的にはおよそ50%の同一性がありますが、血液型や性別が異なる場合もあります。
一方、一卵性は受精卵が1つとなり、およそ100%の遺伝的同一性があるものとなります。
そして、出産に至るまでの過程を見ると、二卵性が多く、一卵性は少ない傾向があります。
Googleの検索結果は非常に役に立ったと感じました。

タイトルとURLをコピーしました