臨床医と医師の違い/内容のどんな、仕事、魅力、意外と、種類

医療QA

臨床医と医師の違い/内容のどんな、仕事、魅力、意外と、種類

臨床医と医師の違い

臨床医と医師の違い

臨床医は病院や診療所で、実際に患者と接して診断し、治療する医師のことです。
一般の人がイメージする「お医者さん」のことを指し、患者への治療や指導、カルテの整理など行っています。
一方、研究医は大学や研究機関などで医療の研究を担う医師で、未解明の病気の原因や治療法の解明を行います。
また、産業医は企業で働く人々への健康維持や改善などを行う医師で、臨床医が病気を治療するのとは対照的な役割を持ちます。
全ての「医師」は医師免許をもっていますが、臨床医と研究医は業務内容やキャリア形成などで大きな違いがあります。

臨床医の仕事

臨床医とは、患者と直接接して診察や治療を行う医師のことである。
主な仕事内容としては、まず患者の症状を聞き取る診察から始まります。
患者と言葉を交わし、聴診や触診をして患者の状態を確認する。
その後、投薬や手術、消毒や縫合などの治療を行う。
また相談対応や生活指導などの仕事も行う必要がある。
臨床医と研究医との違いは患者さまとの直接の関わりからくる診察や治療に従事するか、研究からその治療を導き出すかの違いである。
臨床医は医療機関や介護施設などで働き、研究医は研究機関や研究所などで働く。
臨床医の仕事をするためには、医学部卒業後に研修医を修了しないといけない。

タイトルとURLをコピーしました