公立病院と民間病院の違い/医師の比較、専門、種類、差、どちら

医療QA

公立病院と民間病院の違い/医師の比較、専門、種類、差、どちら

公立病院と民間病院の違い

公立病院と民間病院の違い

公立病院と民間病院の違いについて言えば、公立病院は自治体が運営母体で安定した経営をし、救急医療や高度・先進医療、小児医療などを手がけることができるでしょう。
民間病院は規模が小さいアットホームの雰囲気が特徴で、地域密着型医療を提供し、病院の信頼性を高めることになるでしょう。
また、雇用条件や市場性などの差異があり、病院別の年収水準や働き方などにも違いがあるので、求職者さんにしたら希望の病院を選んであげる点を考慮する必要があります。

公立病院の特徴

公立病院は自治体が運営する医療機関であり、一般診療から高度かつ先進的な医療、小児科や救急災害医療まで実施している。
公立病院の病院数は約10%、病床数は約14%であり、地域における基幹的な公的医療機関の役割を果たしている。
その中で、多くの病院で損益収支をはじめとする経営の状況が良くないことが問題として指摘されている。
そのため、病院事業部が自治体を通じて地域の医療サービスの提供充足を図り、性質上病院事業の収入をもって充てる「他会計繰入金」が行われるなどの改革が始まっている。
公立病院の角色は重要であり、地域医療を実現するための看護士の努力が求められている。

民間病院の特徴

民間病院は、非営利の経営が基本であり、また市町村などの自治体の役割として一般的な救急医療や高度・先進医療、小児医療の提供など、携われる機会が少ない公立病院ではない場合、より多くの方法で医療サービスを提供することから、より雰囲気がアットホームな職場であると言えます。
さらに、その仕事内容は公立の病院のものとは異なり、研修などのプログラムも用意されていることから、個人の専門性を伸ばす仕事環境が提供されます。
また、一般企業と同じ30%の法人税も課税されています。
また、大学病院と比較すると、概日によって仕事量も安定していることから、安定的な仕事内容が得られ、また先端の医療の場面でもなく、地域の医療を重視する場面が多くなります。

タイトルとURLをコピーしました