癌研有明病院と国立がんセンターの違い/東京都のランキング

癌研有明病院と国立がんセンターの違い 医療QA

癌研有明病院と国立がんセンターの違い/東京都のランキング

癌研有明病院と国立がんセンターの違い

癌研有明病院と国立がんセンターの違い

国立ガンセンターとがん研有明病院には、設立母体が異なります。
国立がん研究センターは、専門的な技術と医療サービスを高レベルで、がん検診、治療などの研究を行う病院として設立されています。
一方、がん研有明病院は、悪性リンパ腫などの新しい治療技術の研究、開設の専門病院として設立されています。
国立がんセンターでは、病院の機能だけでなく、がん学研究センターで研究を行う他、教育機関も行われています。
がん研有明病院では、悪性腫瘍などの診断と治療だけでなく、学習機関での薬学、看護学の教育も行われています。

癌研有明病院の特徴

癌研有明病院は、東京都江東区有明にあるがん専門病院である。
70年前に29床を立ち上げた当院は今では686床となり、その実力高く、国内外から多くの患者さんを受け入れている。
当院では臓器別のチーム医療を行い、患者に安全で高い品質ながん治療を提供している。
また、臨床試験や診断方法の開発など、先端的な研究開発も行っており、新たな抗がん剤や治療法を創り出している。
トータルケアを目指し、患者のQOLの向上を追求するなど、患者中心のケア体制を実践している。

国立がんセンターの特徴

国立がん研究センター(NCC)は、がん患者の生活改善と全国的ながん治療情報を発信することを目的とする役割を担う組織です。
中央病院と東病院を構成しています。
中央病院は最良で最適ながん医療を提供するため、様々な分野のスタッフを毎年補充。
東病院は増加するがん患者さんへの対応と新しいがん医療の創出を目的として1992年に設立。
グループ指定を受けた上で、数多くのがん治療手段を提供し、安全で最良の治療を行うような環境を提供しています。
また、希少ながんの病院として、該当疾患の専門研究を実施しており、がん検診やがん情報サービスも提供しています。
継続的な改良とその結果を共有するとともに、幅広い全国の人々に良質ながん医療とサービスを提供できる積極的な取り組みを行っています。

タイトルとURLをコピーしました